1.アフィリエイトする商品の選定

アフィリエイトでは「商品選び」が最重要ファクターになります。
商品選びで稼げるかどうかが85%くらい決まる感じです。
当然ながら売れていない商品をアフィリエイトしてもムダな努力なわけです。直感で「この商品は今売れていないけど近い将来必ず売れる!」と確信できるものであれば話は別ですが...。
それに、アフィリエイト報酬が高い商品を選ぶことも大切です。報酬額100円の商品のサイトと、報酬額5,000円の商品のサイトを作る労力・努力は大差ないからです。
但し、報酬額が高い商品や売れ筋商品にはトップアフィリエイター達が早々に参入し「レッドオーシャン」状態になっていることが多く、彼らのノウハウに打ち勝つのは容易ではありません。したがって、その辺は冷静に考えることが必要です。
逆に考えて、初心者のうちは、報酬額500円以下の商品を選ぶという方法のほうが無難かもしれません。

アフィリエイトの解説サイトや本では、よく「自分の得意な分野から始めましょう」と書いています。確かに、手っ取り早くスタートできるという点では一理あるとは言えますが、それが稼げない商品分野だったらダメですよね。というわけで「売れる商品を売る」「売れている商品を売る」が基本です。
楽天ランキング市場Yahoo!ショッピング 人気売れ筋商品ランキング 等で売れ筋商品をチェックすることができます。また、ASPによっては売れている商品のランキングを掲載していますし、メディア掲載情報も記載しています。
テレビや雑誌などで取り上げられた商品、あるいは大々的な広告を出している商品はアクセスが集まりやすいので、まずはメディア掲載の商品から着手するとよいと思います。


商品タイプ
商品をタイプ分けすると以下のようになると思います。
@物品
A情報商材
B申し込み型・・・・求人登録等
C資料請求型・・・通信教育等
稼ぎやすさの順位を付ければ C⇒B⇒A⇒@ です。

商品特性
さらに、商品の特性で分類すると次のようになります。
A. 快楽充足型・・・・・映画のDVD,音楽CD,グルメ食品等
B. 劣等感克服型・・・ダイエット食品・教材,ビジネスマナーDVD等
C. 季節・流行型・・・・旬の食品,お中元・お歳暮,レジャー,ファッション等
購入モチベーションの高さから言えば、C.⇒B.⇒A. でしょう。

以上をよく考え、アフィリエイトする商品を選びましょう。

2.キーワード選定

キーワード」とは、HTML構造のヘッド部に記述する meta name="keywords" のことを言います。
(Internet Explorer等のブラウザ画面を右クリックして「ソースの表示」等でHTMLソースを見ることができます。)
※画像をクリックすると拡大表示します※
キーワード部
検索エンジンで、例えば サイトアフィリエイト 開始方法 無料 の3単語で検索したとすると、検索ロボットは、先ず、この meta name="keywords"部に書かれた単語を検索しに来ます。つまり、キーワードに サイトアフィリエイト 開始方法 無料 が設定されているサイトを上位表示します。
したがって、キーワードの選定で、情報を探しているひとがあなたのサイトを訪問してくれるかどうか決まってしまいます。
また、本文の内容とキーワードの関連性が薄いと、検索ロボットは「いいかげんなサイト」と判断して検索結果の上位に表示してくれません。したがって、キーワードとして設定された単語が本文に書かれていることが必須です。

☆キーワードの選び方☆
キーワードは、アフィリエイトする商品の販売ページからメインになると思われるキーワードを抜き出し、【Googleキーワードプランナー】で、そのキーワードについて調査します。。
【Googleキーワードプランナー】を利用するにはGoogleアカウント取得後、Googleアドワーズ アカウントを取得します。
【Googleキーワードプランナー】で、平均検索数/月が 900以上のキーワードを選択するようにします。900以上というのは1日に30回以上検索されるキーワードということになります。
30回/日という数値が適切かどうかわかりませんが、少なくとも、これくらいの検索数がないと「売れにくい」と思います。
但し、あまり普及していない段階の新製品の場合は、300回/月以下でもよいかもしれません。

なお、平均検索数/月が6桁の後半以上あるものは、相当ライバルサイトが多い状態と推測できます。このような場合、検索結果上位に表示させるためには、ライバルサイトを研究して周到に準備する必要があります。初心者はそのキーワード避けて別の視点から見た関連キーワードを探すか、その商品をあきらめて別の商品を選ぶほうが時間効率が良いと思います。

☆複合キーワード☆
Yahoo!虫眼鏡上部
Yahoo!虫眼鏡下部
具体例で説明します。
Yahoo! で「ダイエット」を検索したところ、検索結果画面の上部に、約74,900,000件という数値が表示されました。これは、キーワードに「ダイエット」が含まれるWEBサイトの数と考えてよいと思います(正確にはWEBページ数だと思います)。8桁という途方もない競合数で、この市場に「ダイエット」という単一キーワードで切り込んでも全く歯が立たないことはよくわかると思います。

Yahoo! の検索結果画面の上部と下部に ”Yahoo!虫眼鏡" と呼ばれる関連キーワード群が表示されます。単一キーワードではなく、2語以上のキーワードになっています。
2語以上のキーワードのことを複合キーワードと言います。

複合キーワードの平均検索数/月とYahoo!の検索結果画面の上部の競合件数との比率を調べます。平均検索数/月÷競合件数×100=被検索率と考えることができ、数値の大きいほうが効率がよいことになります。

単純に競合数が多い場合,また、被検索率が小さいキーワードを使わざるを得ない場合は、別の商品に変えるほうが無難です。

私は、以上のような手順でキーワードを選定しています。

※ 2016年の後半くらいから、【Googleキーワードプランナー】を無料で使うことができなくなりましたので、検索数のチェックには http://aramakijake.jp/ を利用してください。

3.アフィリエイトサイトの種類

アフィリエイトサイトは次の2つに大別できます。
■商品説明サイト
■比較・ランキングサイト
アフィリエイトする商品に応じて使い分けましょう。

4.Writing(記事入れ)

記事を書くときのポイントは、そのキーワードで検索してきたひとがどのような情報を欲しがっているのかを考え、その答、あるいは参考資料となる情報を書くことです。
いずれにしても、アフィリエイトを続けていれば「ひとの役に立てるサイトを作ることができたら、必ずアフィリエイト報酬は発生する。」と実感できる日が来ると思います。

関連記事